赤外線検温ゲートⅠ・Ⅱ

赤外線検温ゲートⅠ

温度(体温)測定ゲートは、赤外線により人体の温度を非接触で測る非接触温度測定ゲートです。 ゲートを通過した際に温度測定センサーが温度(体温)測定をし、自動的にスクリーニングを行うシステムです。 応答時間が0.5秒で、瞬時にスクリーニングが可能です。

「赤外線検温ゲートⅠ」の特長

・無感覚温度: 非接触無感覚温度、温度測定ゲートを通過する人のリアルタイム温度監視 ・温度監視: 安全温度しきい値(※条件分岐の境目となる値:例)37.3℃)設定により、設定温度(体温)を超える体温の人がゲートを通過すると、アラーム(セキュリティゲート音響と光アラームを連動)が鳴り「再検査」を促します。

「赤外線検温ゲートⅠ」の仕様

項目 仕様
製品サイズ 外寸:高さ2,180mm*幅800mm*奥行510mm
内寸:高さ1,960mm*幅700mm*奥行510mm
重量 約45kg
電圧/消費電力 AC100‐220V /15W (50/60Hz)
温度(体温)測定
センサー設置位置
水平地上から150cm
温度(体温)測定箇所 右手の手の平の真ん中を検出点に当てる。
応答時間 0.5秒
誤差範囲 約±0.2℃
動作環境 温度 -20℃~+55℃ 湿度 0~95%
温度監視 リアルタイムに温度を計測します。

赤外線検温ゲートⅡ

赤外線検温ゲートは、ゲート通過時に接触なくリアルタイムで検温できます。 検温対象人の体温を迅速に測定・表示し、通過人員を自動的に統計することが出来ます。 家庭用コンセントに接続するだけですぐに使用可能です。 誤差範囲±0.5℃で、ゲート上部のディスプレイ表示パネルで検温結果を確認できます。 測定は自動かつリアルタイム(0.5秒)で行われるので、多くの方への検温をスムーズ行うことが可能です。
赤外線測定センサーは地上から 150 cm 以上を感知することができます。 センサーに額のあたりを認識できるように通過することで測定します。

「赤外線検温ゲートⅡ」の仕様

項目 仕様
動作可能周囲温度 0℃~40℃ 湿度:95%以下(推奨環境温度:15℃~25℃)
※屋内、無風環境条件下での使用
測定方式 非接触式
測定可能距離 地上から150cm以上
測定時間 0.5秒~1秒未満
識別距離 額で認識 (額表面にあたる様に焦点を合わせます)
測定体温範囲 35℃~40.2℃
測定精度 ≤±0.5℃誤差
警報値設定範囲 35.5℃~42.0℃ (警報値初期設定:37.5℃)
警報方式 音声警報,警報画面
画面表示 7”液晶ディスプレイ
適用電源 AC 110V/20W (50/60Hz)
内蔵電池 12V/4200mAh,電源を切ると10時間使用が可能
機能 通過人数・警報人数カウント、環境温度測定
製品サイズ 外寸:高さ2200*幅775*奥行590mm
内寸:高さ1900*幅670*奥行590mm
製品重量 約48Kg
材質 フレーム:ステンレス
カバー:ABS樹脂
Copyright(c) 2016 IKEGAMI Co.,Ltd. All Rights Reserved.